五十肩や肩こりでこわばった肩をオイルトリートメント

誰でも経験する肩のこり

誰もがよく経験するからだの不調の一つに,肩のこりがあります。
肩のこりは肩周辺の筋肉組織が異常にこわばった状態で,
肩や首の筋肉のこわばりのほか,痛み,重苦しい感じなど
さまざまな不調が現れます。
その多くは肩の筋肉などの血液循環が悪くなったために起こります。

五十肩とは肩の関節周囲の炎症のこと

40~50代に多くみられるので,俗に四十肩,五十肩ともいわれる肩関節周囲炎の原因は明らかにされていません。
一種の老化現象です。
初期のころは痛み,慢性期になると痛みは少し軽くなりますが肩関節の動きが制約されるようになります。
片方の肩から起こり,肩を動かせば痛み,腕を上げたり背中に回したりしても激しく痛みます。
はじめは痛みが強く動かすのもつらいのですが,だんだんと夜寝ているときにも朝起きたときにもつらい痛みを感じるようになります。
動かせば痛みが起こるので,動かさないでつい放置してしまいます。
すると肩の関節が固まってしまい,動かせる範囲が狭くなってきてしまいます。
動かさないので痛みは少し弱まってくるのですが,不用意に動かすと電気ショックのような痛みが起こることがあります。

原因は一般的なものから他の疾患からも

筋肉の使い過ぎまたは逆にからだを動かす習慣の少なさからくる一般的なこりには,使い過ぎを止めて安静にするまたは運動を加えることによって徐々に治っていきます。
ほかに考えられることに慢性疲労,自律神経や更年期の失調,目からくる疲れ,高血圧や低血圧など肩こりと関わりの深いものから起こることもあります。

五十肩や肩こりになったら

こりを取り除く方法はまず血行不良を治すことです。
筋肉の血行不良は筋肉の使い過ぎ,その他いろいろな原因による血液のうっ滞などが考えられます。
これに対しては薬物療法,温熱療法,入浴やマッサージなどが古くから推奨されています。
どれも血液の流れをよくするという点では共通したおすすめ法です。
五十肩になるとこりから痛みへの対策が主体になります。
痛みの強い初期のときは消炎鎮痛剤,局所麻酔薬,ステロイド剤などの薬物療法や温熱療法で安静を保ちます。
急性期が落ち着いてきたら,運動療法を主体にします。

施術者自身が体験した五十肩

私自身も五十肩を経験したひとりです。
運動不足や枕が合わないなどから,首や肩のこりがひどくなってきました。はじめはたわいのないことのように思っていましたが,徐々に腕を上げたり背中に手を回したりすると激しいジーンとするしびれが,指先から手のひら全体を覆うようになりました。
タオルを絞るときも歯を磨くときの歯ブラシを持つ手にも力を入れることも,日常生活にあるいろいろな動作ができなくなってきました。
何とか自分で治せないか考え関節を痛みを感じながら少しずつ,1ミリ1ミリ動かすようにストレッチのような動作をして自分自身で治すよう試みていきました。
するとだんだんと動くようになりジーンとするしびれも解消されていきましたが,およそ1年半以上かかったことを覚えています。
自分自身で治すこともできるようですが,それなり以上の時間を要すことになります。
はやめはやめに薬物療法やマッサージなどの物理療法を取り入れて,できるだけ日常生活に支障をきたさないことが大切だと身をもって反省することになりました。

オイルトリートメントで五十肩と肩こりをやっつける

女性の首や肩はしなやかでほそいのですが,反面そのほそい筋肉で支えなくてはなりません。
そのため筋肉に疲労物質が溜まり,血行不良が起こりやすいため五十肩や肩のこりに悩まされやすくなります。
普通のマッサージにはないオイルトリートメントのメリットは,まず皮膚表面に対するエフルラージュ(軽擦・なでる・さする)にあります。
塗布したオイルによって皮膚に感じる嫌な摩擦感がなく,エフルラージュによって皮膚の血流がよくなります。
すると深部の疲労物質が皮膚表面に集まってきて,循環がよくなってきた血流によって排出されやすくなります。
これに筋肉をしっかり揉み解して,肩や肩甲骨の運動操作を加えることで,狭くなった肩関節の可動域を広げることができます。

オイルトリートメントは単にリラクゼーションだけではなく,日常生活に支障をきたすようなからだの不調にもメリットがあります。
五十肩・肩こりにおすすめのメニュー
フルボディトリートメント120分
アッパーボディトリートメント90分
ショルダー&デコルテトリートメント60分

女性の肩こり・五十肩
最新情報をチェックしよう!