月経周期 オイルトリートメント

月経周期とトリートメント

 月経周期と女性ホルモンの関係を考えてボディトリートメントをすれば癒しや美容やダイエットに高い効果が期待できます。ここでは月経周期の「月経期」「卵胞期」「黄体期」に合せたオイルトリートメントをご紹介いたします。

月経期のトリートメント

 月経期はいわゆる「デトックス期」であり,からだは排出モードの方向にいきます。経血とともに子宮の中の古い内膜や老廃物を排出します。

 したがってこの月経期のおすすめは,からだに溜まった汚れといっしょに疲れやストレスなどをまとめてデトックスしてしまうトリートメントです。

 「リラックス」がテーマ。ほっとするようなトリートメントが効果的です。経血の排出のため骨盤は開き切った状態ですので,全身を流すようにマッサージしやさしくほぐしてあげます。足裏の反射区を刺激してあげるリフレクソロジーを利用したレッグマッサージもリラックスできます。

 おすすめメニュー
  アッパーボディトリートメント
  レッグマッサージ
 
月経期の過ごし方

  • こころもからだもリラックスが必要で強い刺激物は禁物
  • 経血の排出のため子宮口が開いているので「冷え」が忍び込みやすい
  • しめつけない,ゆったりしたファッションを
  • 仕事を持ち帰らないで夜はくつろぐこと
  • 「冷え」に注意してなまものや冷たい物を摂りすぎないように
  • 温かいお風呂にゆったりつかる
  • ドリンクやアルコールはなるべくホットで

卵胞期のトリートメント

 月経の終わりのころから排卵に向けての時期で,からだもこころも絶好調な「パワフル期」です。女子力がアップしてとても元気なはずなのですが,逆にこのころに元気がでない方は何か体調を崩しかけているなどの前ぶれかもしれません。

 卵胞期は「めざめ,ひきしめ」をテーマに,すっきりリフレッシュするトリートメントがおすすめです。エストロゲンという女性ホルモンのアップによってからだのひきしめ感があり,月経によって開いていた骨盤は徐々に閉じていきます。また代謝がよく脂肪燃焼パワーも高まっています。したがってシェイプアップ,とくにヒップ周囲からふともも~足首にかけての痩身にもってこいのときです。
 
 おすすめメニュー
  ヒップ&レッグトリートメント
  フルボディトリートメント
 
卵胞期の過ごし方
 とにかくアクティブな時期です。親友との集まりやおしゃれ・お化粧・ボディケアをすればとても効果が高まります。

  • イベントごとや集まりに積極的に参加しましょう
  • からだが引き締まって痩せやすい時期なのでダイエットに向いています
  • 脂肪燃焼パワーが高まっているので多少の甘いものを摂ってもOKです
  • 異性にアピールする時期でもあります
  • 肌艶がよくなるなるので美容液やお肌の栄養クリームをしっかり使いましょう

黄体期のトリートメント

 排卵後から次の月経に向かっていく時期なのですが,卵胞期とは逆に徐々にからだの不調が忍び寄ってきます。この時期を上手に過ごさないとイライラ・情緒不安定・肌荒れ・腹痛・胸の張りといった月経前の不快な症状(月経前症候群PMS)が強くあらわれます。

 黄体期のトリートメントは「ホルモンバランス,排出」をテーマにして卵胞期をアクティブに過ごしたぶん,からだに溜まりはじめる毒素をデトックスします。

 体温が上昇してきて血液やリンパ液の流れがゆるやかになるのでからだに水分が溜まりやすくなります。すると全身が重だるくなり,とくにふともも~膝~足首にかけてむくみやすくなります。また全身のリンパ液は最終的に鎖骨付近に集まってくるので,ここが詰まりやすくなると肩こりや頭痛がひどくなることが考えられます。デコルテから首にかけてやさしく流してあげるようなトリートメントが効果的です。
 
 おすすめメニュー
  フルボディトリートメント
  アッパーボディトリートメント
 
黄体期の過ごし方

  • スニーカーや楽な服装でむくみに備える
  • スケジュールを見直し面倒な仕事や用事ははやめに片付ける
  • やりたくないことは無理しない
  • スマホやPCの見すぎに気をつけて日付が変わる前に眠る
  • 野菜や果物をしっかり摂ってむくみの解消を
  • きのこや海藻・発酵食品をしっかり摂って腸の動きをよくする

月経と排卵を知ろう

 女性ホルモンは女性らしいからだつきをつくるほか,妊娠や出産など心と身体に密接に関わっています。この女性ホルモンは女性のからだの中に月経リズム(月経周期)をもたらします。月経リズムはおもに基礎体温の変化(低温相と高温相)などがあるのですが,低温→高温または高温→低温への変化は月経と排卵を境に現れます。当然ホルモンバランスの変化やそれにともなう体調の変化もその境で変わってくるので,月経周期に見合ったトリートメントをおこなうためには月経のほか排卵の日もつかんでおくことがとても大切になるのです。

排卵を知ろう

 「もうじき生理が来そう」生理に関しては何となく前ぶれでわかるかとは思いますが,では排卵は?…となると排卵日はわからないどころか気にしたこともないという方のほうが多いのではないでしょうか。
 排卵を知る方法として

  • 月経周期の日数から計算する
  • 基礎体温をつける
  • 排卵検査薬をつかう
  • おりものの変化を観察する

などがあります。

 日数から計算する場合はどちらかというと月経周期が安定している方には簡単です。たとえば毎周期安定して30日周期だとします。排卵から次の月経がくるまでの日数はだいたい12~14日と決まっているので,30から引き算していただければよいので月経開始から16~18日目に排卵がおこると予想できます。

 基礎体温は専用の体温計で毎日同じ時刻に規則的に測定していきます。自分自身のことを知るために一番のおすすめなのですが,毎日の測定を積み重ねていかなくてはならないのでそれがストレスに感じる場合にはおすすめしません。

 排卵検査薬は自分のおしっこで調べることができ,薬局やドラッグストアで容易に手に入ります。5日分や7日分などメーカーによってさまざまなものがでているので,排卵予測日の少し前から使い始めればはじめて陽性反応がでたその日か翌日が排卵日になります。排卵予測日は日数から計算すればよいでしょう。

 おりものは妊娠に向けて精子を迎え入れるための潤滑剤です。これはよく観察しないとなかなか気づかないもので排卵間近がMAXで,排卵が過ぎると消えていきます。下着などについたものや指にとってみて,もっともびよーんと伸びたときが排卵間近の時です。